ラクラクブログ rakucom’s blog

雑談や時事ネタの他、家作りや生活保護・ベーシックインカムの話が多めです。ブログを通じて、皆様の生活が少しでも豊かなものになる事を願っています。

💰️経済やお金の話題など

お金と貯蓄の話

これからの時代を生き抜くには超低金利の銀行預金に「貯金=お金を置いているだけ」から脱却して、「お金に働いてもらう=資産運用」を取り入れる必要があります。1000万を貯めるだけでも大変なのに、2000万円も3000万円も貯めれるわけがない。 (adsbygoogle…

FIRE、早期退職、リタイア時の資産について

リタイア時の総資産については、「2,000万円未満」が最も多く42.2%。次いで「2,000万円~2,999万円」(14.6%)、「5,000万円~5,999万円」(13.1%)と続き、「5,000万円以上」の資産があったという人は26.0%と、潤沢な資産を持つ人は上位を占めておらず、平均的…

子育て世帯給付金、所得制限なしの自治体も。

低所得以外の子育て世帯にも給付金が支給されます。 所得制限なしで、一律10万円なども。 低所得以外の子育て世帯にも給付金の支給が検討されています。自治体によっては7月中には給付開始する見込みとの事です。 低所得の子育て世帯に対して、子ども1人あ…

資金計画の見直しの大切さ

いろいろと資金計画を考えていくうちに 「今のままでは、将来がまずいかもしれない 」 と、気付くことがあります。 その頃からFPの勉強を始めたり、ネットや書籍で情報を集めたりしながら試行錯誤して自分に合った方法を少しずつ見つけて、今に至ります。 最…

自治体独自の学生生活支援給付金

親元を離れている大学生等が親の仕送りやアルバイト等の収入の減少により、生活が苦しくなっている現状を受け、独自に給付金を支給している自治体があります。今回は学生生活を支援する給付金を行う自治体をご紹介します。 (adsbygoogle = window.adsbygoogl…

自治体独自のコロナ給付金等一覧

大阪府八尾市物価高騰を受けた支援策として、市民1人につき5000円の給付金を支給するとのこと。対象者は、市の住民基本台帳に記録されている約26万2000人。秋田県横手市長引く新型コロナウイルスの影響や原油高・物価高を受け、全市民へ5千円分の商品券を給…

定年後にもらえる年金額の試算

国税庁の「民間給与実態統計調査(令和2年分)」によると、給与所得者の平均給与は433万円となっており、男女別にみると、男性は532万円、女性は 293万円となっています。年収500万円は男性の平均年収に近いといえます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle ||…

年収1000万世帯の貯蓄額の話

額面年収1000万円だと手取りはいくらになるのでしょうか。私たちが受け取る給与からは社会保険料や税金が引かれています。つまり、額面給与と手取りには差があるのです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); とくに初任給ではその差に驚い…

iDeCoの加入年齢拡大の話

2022年5月からiDeCoに加入できる年齢が拡大されました。 今まで加入は60歳未満でしたが、5月からは65歳未満まで加入できるようになりました。 今まで通り60歳まで加入して、60歳から受け取ることも可能です。 これにより、60歳以上で働いている人、勤めてい…

東京株式市場の決算発表の話

今回は東京株式市場 企業の決算発表の話です。 日経平均株価予想レンジ 2万6500円~2万7500円 2022年5月6日 終値 2万7003円56銭今週の東京株式市場の日経平均株価は、神経質な展開となりそうだ。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 前週の…

社会保険料納付など、将来へ向けたお金の話

所得税、住民税ともに税を通じて公共サービス、公共施設の利用ができるため、税金は人が社会の中で生活する「社会参加のための会費」と考えられますね。 そして社会保険料は「保険給付を受けるために」納めているため、病気や怪我になった時でも一定は安心で…

サボりたい貯蓄、でもサボってはいけない!

今週のお題「サボりたいこと」 「貯蓄100万円未満」の年収1000万円層が昨年から倍増しているそうです。 金融広報中央委員会が毎年発表している「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]」では、収入階級別の金融資産保有額が記されている。 こ…

金融機関の定期預金などの話

定期預金に200万円預けたら利息はいくらになるのか。 定期預金に200万円を預けた場合、金利は1年で0.2%のところですと、1年後に、いくら受け取れますか。 税引き前の利息は4000円、税引き後は3187円です。 定期預金に200万円を預けたときの利息について解説…

厚生年金44年特例の話

長期加入者の44年特例が受けられる人はどのような条件を満たす必要があるのでしょうか。 基本的に、以下の3つの条件に当てはまると受給できます。○厚生年金に44年以上被保険者としての期間がある○厚生年金の被保険者資格がない○報酬比例部分の受給ができる年…

iDeCoでポイントは貯まるのか?の話

大手ネット証券である楽天証券とSBI証券は、取扱商品数が多く手数料が安いため、iDeCoでの資産運用を行う際にもおすすめな金融機関です。しかし、iDeCoで貯まるポイントは、楽天証券とSBI証券で違いがあります。今回はiDeCoでポイント投資はできるのか、iDeC…

金ゴールドを売却した際の確定申告の話

金(ゴールド)を売った場合、確定申告しなければ、それはれっきとした脱税ですからしっかりと必要な申告、納税をしていただかないといけないのです。実はあなたがゴールドを売ったという事実が税務署に知らされるという制度があるのです。それが「支払調書…

年間100万円貯蓄する話

年間100万円以上貯める人の「共通点」 1:貯まる仕組みを作る自動振替や別口座で強制的に先取りで貯める仕組みをつくる。 2:「使えるお金」貯蓄と固定費を除いたやりくり費(=使えるお金)を予算内で収める。 3:すぐやるポイントや割引、投資などのお得情報…

転職した場合の生涯賃金について

日本人は平均して生涯に2度転職するそうです。 70歳まで働くことが当たり前になってきたとき、考えなければならないのが「転職」です。日本人は平均して生涯で2回程度しか転職しませんが、キャリアが長くなっていけばこの数も増えていくことでしょう。 早期…

政府による現金10万円給付の話

政府は、今月中にまとめる緊急経済対策で、2022年度から新たに住民税が非課税となった世帯に現金10万円を支給する方針を固めた。コロナ禍の長期化や物価高騰で深刻な影響を受ける生活困窮者世帯の支援を強化する。自民、公明両党の協議を経て、来週に…

住宅ローン固定金利の話

りそな銀行では今年1~3月の住宅ローンの新規契約者で、「35年固定型」を選ぶ人の割合が、昨年1年間に比べて2倍以上になった。「固定金利が本格的な上昇を始めたため、変動金利が上昇する前に金利を固めておきたい人が増えた」という。 三菱UFJ銀行…

夢の不労所得生活の話

○不労所得 債券まずは、手堅いものからいきます。不労所得で手堅く行きたい場合は、「債券」です。国債であれば国に、社債であれば企業に、わたしたちがお金を貸している期間利息がもらえる仕組みの金融商品です。債券は、債券の期間(貸している期間)と利…

知らないと損する傷病手当金の話

今回は会社員だけがもらえる「傷病手当金」の話です。 傷病手当金を受給するためには、次の3つの条件をすべて満たす必要がある。 (1)(業務上や通勤災害以外の)病気やケガにより療養中であること (2)働けない状態(労務不能)であること (3)4日以上会社を休んで…

バビロンの大富豪の話

バビロンの大富豪が語る「お金持ちになるための知恵」を紹介します。 ○財布を太らせることから始めよう。(収入の10分の1を貯蓄せよ) 収入を得たらその1割を必ず貯蓄し、手をつけずに死守しよう。 月収30万円なら月3万円でOK。 貯めた途端に財布がふくらみ…

タンス預金の税務署への申告の話

タンス預金とは広い意味で自宅に保管している財産のことを指します。財産は現金に限りません。証券や貴金属、現代では電子マネーや暗号資産もタンス預金に含まれます。当然ですが、タンス預金は違法ではありません。財産の管理処分は個人の自由です。 (adsby…

住宅ローンなど、金利の変化の話

お金にまつわる全ての土台である、「金利」に変化の波が押し寄せています。 長らくデフレに苦しむ日本の政策金利は、10年近くゼロ%前後に沈んだままです。 でもグローバルなお金の行き来は自由。 新型コロナウィルスで生じた供給制約や資源高、そして決定打…

ネットバンキング、ネット銀行の話

約8割が用途に応じて銀行口座を使い分けているそうです。ある調査会社によると、現在利用している銀行(インターネットバンキング)・ネット銀行の口座がある人に、銀行口座を用途に応じて使い分けしているか尋ねると、79.7%が「使い分けている」と回答。銀行…

節約しない方が良いと思うお金の話

節約はとても大切だと思います。長い目で見ると、もっとも確実にお金持ちになる手段だと思います。だから、できるだけたくさん節約をして、早いペースでお金を貯めるのがよいでしょう。しかし、「節約の方法を間違えると不幸になる」という研究もあります。 …

公的年金制度の根幹の話

現在の公的年金制度は2004年に大きな改正が行われました。それは「向こう100年間の収入合計をまず決め、その収入合計と一致するように給付の水準を自動的に調整していく」というやり方。現役世代の負担する保険料をこれ以上無制限に増やすのではなく、年金を…

生前贈与による節税の話

今回は生前贈与と相続による節税の範囲の話です。 亡くなる前から相続財産になると思われる財産をあらかじめ贈与しておく生前贈与と、相続の発生をきっかけに財産が移転する通常の相続は、どちらにおいても一定の控除による節税効果があります。この2つの節…

将来受け取れる月額年金収入の話

今回は年金を20万円受け取れる年収の話です。 年金試算シミュレーションで、年金を月額20万円以上受け取れる年収を見ていきます。なお、今回のシミュレーションでは、年収以外の条件は統一しています。 ○条件35歳男性就業開始年齢:20歳 就業終了年齢:60歳 …