ラクラクブログ rakucom’s blog

雑談や時事ネタの他、家作りや生活保護・ベーシックインカムの話が多めです。ブログを通じて、皆様の生活が少しでも豊かなものになる事を願っています。

暖かい家を作る気流止めの話。

暖かい家、みんなが望む幸せな家である。

昔ながらの家は布基礎に床に根太を使う。

今は根太の間に断熱材を入れる場合が多いが、断熱材は繊維系のものがあるため、水蒸気を通すので、内部結露を起こす可能性がある。



なので、気流を止める、気流止めが必要になる。

これらの問題を解決するには、基礎はベタ基礎、根太レスで構造用合板を入れて、屋根断熱を行うのが、気流止めしやすく、気密ラインも取れるので、内部結露を起こしにくい。

これから家を作る方は、良かったらぜひ参考にしていただきたいと思います。