ラクラクブログ rakucom’s blog

サイバージャパンやギャル系ファッション、時事ネタの雑記など、みなさまの生活に役立つblogにしていきます!楽しいblogにしますので、よろしくお願いします!※なお、Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

公的年金制度の話

最初に日本の年金制度について説明します。

国民年金(基礎年金)は、日本国内に住むすべての20歳から60歳未満の人を加入対象としています。

金保険料は定額制(保険料額=基本額1万7000円×保険料改定率)をとっており、20歳から60歳の40年間すべて保険料を納付すれば「満額」(78万900円×改定率)が受け取れます。

納付期間が足りない場合はその割合を満額から差し引く計算方式をとっています。



一方、厚生年金は国民年金に上乗せする形で報酬比例の年金を支給する制度です。

そのため、勤務先にそもそも厚生年金の制度があるのか、どれだけの期間勤務しているか、毎月の報酬月額はいくらか、などが受給額を大きく左右します。

このことから、日本の年金制度は「2階建て構造」などと呼ばれています。

「厚生年金の月額」ひとりで15万円超の人はどれ程いるのか。

ここからが本題です。
厚生労働省年金局「令和元年度 厚生年金保険・国民年金事業年報」から、厚生年金保険(第1号)の年金月額をみていきましょう。

※厚生年金保険(第1号)の年金月額は、基礎年金(国民年金)部分を含みます。



厚生年金保険(第1号)平均年金月額
全体…14万4268円(男子…16万4770円・女子…10万3159円)

平均受給額の男女差は約6万円。この差は非常に大きく感じます。

全体の平均額以上(15万円以上)をもらっている割合をみていくと、男性全体では約65%、対して女性全体では約10%という結果となりました。

女性の場合、結婚や出産、育児などで家庭に入る可能性が高いため、平均受給額が低くなっていると考えられるでしょう。

特に「女性のシングル世帯」の場合は、老後のお金対策をしっかり進めておいた方が良いと思います。