ラクラクブログ rakucom’s blog

雑談や時事ネタの他、家作りや生活保護・ベーシックインカムの話が多めです。ブログを通じて、皆様の生活が少しでも豊かなものになる事を願っています。

長期優良住宅のローン減税の話

2050年カーボンニュートラルの実現に向けて、さまざまなレベルで脱炭素社会化が進められています。

住宅も例外ではありません。

そのため、省エネ性能が高く、長く使えて建設時や解体時の二酸化炭素(CO2)排出量が少なくてすむ長期優良住宅への注目度が高まっています。

住宅ローン減税制度の減税額が一般住宅の2倍近くになるなどのメリットが大きく、今年のマイホーム購入は、何をおいても長期優良住宅ということになりそうです。



長期優良住宅というのは、住宅を使い捨てするのではなく、いい住宅を建てて、長く大切に使っていこうという考え方から、国が条件を定めて認定する制度です。

認定を受けた住宅には税制などさまざまな面での特典を付与し、建設や購入を促進しています。

長期優良住宅としての条件は、

(1)劣化対策
(2)耐震性
(3)可変性
(4)維持管理・更新の容易性
(5)高齢者等対策、
(6)省エネルギー対策
(7)住戸面積
(8)居住環境への配慮
(9)維持保全計画

以上の9項目にわたって定められています。



たとえば、(1)の劣化対策としては、「数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること」とされており、「100年住宅」「200年住宅」ともいわれます。

また、(2)の耐震性については、「極めてまれに発生する地震に対して、損傷を軽減されるために必要な措置が行われている(耐震等級2以上または免震建築物など)」とされています。

長期優良住宅なら、長く、安心して、快適に住める住宅ということが言えます。

これから家を建てる方は、参考になさって下さい。

こちらからは以上です。ありがとうございました!