ラクラクブログ rakucom’s blog

雑談や時事ネタの他、家作りや生活保護・ベーシックインカムの話が多めです。ブログを通じて、皆様の生活が少しでも豊かなものになる事を願っています。

西武鉄道と東武鉄道の話

2022年1月27日、東急線相鉄線を連絡する新線、相鉄・東急直通線の開業予定が2023年3月と発表され、さらに、東急東横線をはじめ東京メトロ副都心線東武東上線東急目黒線東京メトロ南北線都営三田線の列車が新線を通じて新横浜方面へ乗り入れることも明らかになりました。

相鉄・東急直通線は東急東横線目黒線日吉駅から、新横浜駅を経由し、相鉄・JRの羽沢横浜国大駅までを結ぶ10kmの新路線です。

JR横浜線横浜市営地下鉄しかなかった新横浜駅へのアクセスが、東京方面および相鉄沿線と直結することで、大幅に向上します。



一方、現在の直通運転ネットワークのなかで、東武東上線と同じく副都心線経由で東急線に乗り入れている西武池袋線は、相鉄・新横浜方面との直通運転が行われません。新線開通後も引き続き、東横線を通じ横浜方面へ直通すると思われます。

相鉄20000系と西武特急Laviewの共演も見てみたかったなど鉄道ファンの声もありました。



西武鉄道は、西武線沿線からの相鉄・東急新横浜線方面へは、横浜駅方面と比べ利用が少ないことが見込まれるため、S-TRAINも含め直通運転は行いません、と説明しています。

新横浜方面への利便性については、武蔵小杉などでそちらへ向かう列車と対面乗り換えが可能であるため、菊名JR横浜線に乗り換えている現状に対して、アクセスは良くなります、としています。

一方、東武鉄道は、東海道新幹線へのダイレクトアクセスが実現し、東上線沿線の利便性が拡大します。



直通運転により相互に人の行き来が生まれ、沿線活性化につながると考え、直通を行う方針としました、と話しています。

どちらも新横浜駅直結による新幹線アクセス向上に期待を持っていることは確かですが、実際に自社の列車を新横浜方面へ送り込む東武と、乗り換えにより利便性を確保しつつ横浜、みなとみらい方面への自社直通も重要視する西武。

戦略の違いが明確に表れた形となっています。

以上です。お読みいただき、ありがとうございました!