ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ラクラクブログ rakucom’s blog

サイバージャパンや大人ギャル系ファッション、時事ネタの雑記など、みなさんの生活に役立つ情報をblogにしていきます!楽しいblogにしますので、よろしくお願いします!※なお、Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

ヤクルトスワローズの歴史の話

日本のプロ野球球団で、セントラル・リーグセ・リーグ)所属。

フランチャイズを東京都に置き、明治神宮野球場神宮球場)を本拠地としている。

球団名の変遷は、国鉄スワローズ(1950年)―産経スワローズ(1965年途中からシーズン終了まで)―産経アトムズ(1966年)―アトムズ(1969年)―ヤクルトアトムズ(1970年)―ヤクルトスワローズ(1974年)―東京ヤクルトスワローズ(2006年)。

1950年(昭和25)の2リーグ分立と同時に発足。



国鉄(現JR)が関係会社を設立して運営することとし、1952年から63年までは後楽園球場を使用した。

1964年からは明治神宮野球場が本拠地となり、産経、ヤクルトと経営母体が変わった。国鉄時代は400勝投手の左腕金田正一のワンマンチームといわれた。

打線が貧弱で、チーム打率が2割5分を超えたことは1回しかなかったが、それでも金田は14年連続20勝を記録した。

1974年からヤクルトスワローズになり、77年に広岡達朗が監督に就任。

選手のプレーはもちろん、行動、食生活にまで徹底的に目を光らせる管理野球で、戦力の充実を図った。そして1978年、若松勉、チャーリーマニエル、大杉勝男らの強力打線と、松岡弘安田猛らの投手陣を擁し、球団史上初のリーグ優勝を成し遂げた。



さらに日本シリーズでも阪急ブレーブス(現オリックス・バファローズ)を破り、日本一となった。

1980年代は優勝と無縁であったが、90年に野村克也が監督になり、データ重視の、ID野球を徹底させるとチーム力は大きく向上した。

捕手の古田敦也を中心に、野手の池山隆寛飯田哲也らがチームを牽引。

外国人選手にも恵まれ、1992年にリーグ優勝、93年、95年、97年には日本シリーズにも勝ち、黄金時代を築いた。

1999年若松が監督に就任。

2001年には、投手陣を支えた石井一久高津臣吾本塁打と打点の二冠王を獲得したロベルトペタジーニの活躍で4年ぶりにリーグ優勝、日本シリーズでも大阪近鉄バファローズを破って5回目の日本一となった。


2002年2位、03年同率3位で迎えた04年は、首位の中日ドラゴンズをとらえられず2位。

翌05年は4位と低迷し、同年限りで若松監督が勇退した。

2006年からは古田敦也が選手兼任として監督に就任し、同時に、球団名を東京ヤクルトスワローズに改称。

就任1年目は3位と健闘したが、2007年には最下位に沈み、古田は監督を退任、現役引退を発表した。

2007年までの通算成績は、3456勝3961敗253分け、リーグ優勝6回、日本シリーズ優勝5回となっている。

こちらからは以上です。お読みいただき、ありがとうございました!