ラクラクブログ rakucom’s blog

サイバージャパンやギャル系ファッション、時事ネタの雑記など、みなさまの生活に役立つblogにしていきます!楽しいblogにしますので、よろしくお願いします!※なお、Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

定年後にもらえる年金額の試算

国税庁の「民間給与実態統計調査(令和2年分)」によると、給与所得者の平均給与は433万円となっており、男女別にみると、男性は532万円、女性は 293万円となっています。

年収500万円は男性の平均年収に近いといえます。



そこで、年収500万円を例にして、公的年金をいくらもらえるのか試算してみましょう。

22歳で会社に入社(2003年4月以降に入社)してから60歳で退職するまで、年収500万円だったと仮定します。


実際は、入社したばかりの頃の年収は低く、退職に近い年齢になると年収は高くなりますが、平均して500万円ということで試算します。


「加入期間中の平均年収×0.55%×保険料納付年数」という簡易計算式を使って計算します。


500万円×0.55%×38年=104万5000円


これに基礎年金部分が加わるので、20歳から60歳まで40年間納付したと仮定すると、満額の78万円を受け取ることができます。

公的年金受給額(年額)


104万5000円+78万円=182万5000円




60歳まで働けば、このように公的年金をおよそ182万5000円受給できますが、年金が受給できるのは65歳からなので、60歳から65歳まで再雇用で厚生年金に加入しながら継続して働いた場合も見てみましょう。

すでに基礎年金は満額受給できるので、増えるのは厚生年金の報酬比例部分のみです。

60歳から65歳まで再雇用で働いた場合

年収は360万円(月収30万円)とします。


360万円×0.55%×5年=9万9000円


平均年収500万円(再雇用後は360万円)の会社員は、公的年金をおよそ192万4000円(月額にすると約16万円)受給できるという試算になります。



以上です。お読みいただき、ありがとうございました😊