ラクラクブログ rakucom’s blog

サイバージャパンやギャル系ファッション、時事ネタの雑記など、みなさまの生活に役立つblogにしていきます!楽しいblogにしますので、よろしくお願いします!※なお、Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

パートの社会保険加入基準改正

2022年10月から加入基準が変わります
上記の加入基準ですが、2022年10月からは以下の2点についてのみが変更となります。

・会社の要件

(変更前)パートを除く従業員が常時500人を超えている

(変更後)パートを除く従業員が常時100人を超えている


・パート側の要件

(変更前)雇用期間が1年以上見込まれる

(変更後)雇用期間が2カ月を超えて見込まれる

なお、「週の所定労働時間が20時間以上」「賃金の月額が8万8000円以上」「学生ではない」の基準については変更ありません。

さらに2024年10月からは会社の基準である「従業員が常時100人を超える」が「従業員50人を超える」に拡大されるため、今後もパートの厚生年金加入者が増えると予想されます。




厚生年金加入により将来の年金額が増加します

○厚生年金加入によるメリット

厚生年金に加入するメリットは将来の年金が充実することです。

国民年金に加入しているだけだと、将来受け取れる年金は老齢基礎年金のみでした。

しかしながら厚生年金加入後は老齢基礎年金に加えて老齢厚生年金が上乗せされることになります。

また障害がある状態になった場合、障害基礎年金に加えて障害厚生年金を受け取れることや、万一、亡くなった場合、遺族が遺族厚生年金を受け取れることなどが挙げられます。

厚生労働省ホームページにはモデルケースでの保険料負担額と将来の受け取り年金額の概算が示されています。

月収8万8000円の方が1年、20年、40年間働いた場合の保険料負担額と年金額が表に、40年働いた場合については概算図として示されています。

40年の概算図からは、自身で国民年金に加入し国民年金保険料1万6000円(実際の金額は1万6590円:令和4年度)を負担している人が厚生年金に加入すると、厚生年金保険料の半分を会社が負担してくれるので、本人負担は8000円に減る一方で、将来受け取る老齢厚生年金は約1万9000円上乗せされることが分かります。



こちらからは以上です。お読みいただき、ありがとうございました😊