ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ラクラクブログ rakucom’s blog

サイバージャパンや大人ギャル系ファッション、時事ネタの雑記など、みなさんの生活に役立つ情報をblogにしていきます!楽しいblogにしますので、よろしくお願いします!※なお、Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

認知症、アルツハイマーについて

認知症の約5割を占めるアルツハイマー病は、脳の神経細胞が変性して萎縮することで、もの忘れなどを引き起こす。

 

 

初期症状としては、「昨日約束したことを忘れる」「財布やカギなどのしまい忘れや置き忘れが増えた」など、一般的に記憶障害が特徴的といわれる。

 

だが、それだけではない。

 

脳の変化で気づきやすいのはもの忘れですが、初期段階から、

 

(1)注意力、

(2)集中力、

(3)遂行機能、

(4)身体バランス、

(5)空間認識力

 

などに、影響が生じていることが最近わかってきました。

 

中でも興味深いのは、「文字や線を書く」行為でわかる診断法だ。

 

アルツハイマー病97%検出

 

専門家らと、ある研究所では、タブレット端末にペンで描いた線(描画)をAIが自動解析し、高齢者の認知機能低下を検出する新たなツール開発に関する論文を、今年6月にリリースした。

 

文字や五角形を描くなどの5つのタスクから、

 

(1)描画速度、

(2)静止時間、

(3)筆圧、

(4)ペンの傾きなどを解析することで、

アルツハイマー病は97%、認知症のリスクが高い軽度認知障害(MCI)は83%検出することができ、近い将来のスクリーニング検査として期待が寄せられている。

 

タブレットに字などを書くときに、健康な人はサラサラとスムーズに書くことができます。MCIになると、画面からペンを離して考える時間が増えるなど、微妙に異なってくるのです。アルツハイマー病の方では、ペンを持つ指の圧力も変わってきます。その変化をAIで解析することで、簡便で安価な新しい検査ツールにしたいと思っています」

 

 

○歩行や発声も変わる

 

脳は、記憶や判断、理解などの知的機能のほかに、全身を動かす運動機能、ものを見る視覚機能など複雑な働きを担っている。アルツハイマー病などの認知症で脳を構成する神経細胞が変性し、脳の機能が低下すると、記憶や判断能力だけでなく、様々な行動に変化が生じやすいのだそうです。

 

こちらからは以上です。お読みいただき、ありがとうございました。