ラクラクブログ rakucom’s blog

サイバージャパンやギャル系ファッション、時事ネタの雑記など、みなさまの生活に役立つblogにしていきます!楽しいblogにしますので、よろしくお願いします!※なお、Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

軽視できない梅毒の症状について

梅毒は、「梅毒トレポネーマ」という細菌が原因で発症します。

 

主に性的な接触により、性器や口、肛門の粘膜や皮膚の傷口から体内に菌が侵入します。

 

コンドームで予防できますが、口に症状があるとキスでも感染する場合があります。  

 

国立感染症研究所によると、9月4日までに報告された梅毒患者は8155人で、これまで最多だった昨年(7983人)を上回りました。

 

年1万人を超えるペースで増えています。  

 

戦後間もない時期には20万人以上の患者がいましたが、抗菌薬の普及で大幅に減りました。

 

しかし、2010年代以降に再び増加に転じました。SNSを通じた不特定多数との性交渉の増加が背景にあるという指摘もありますが、詳しい理由はわかっていません。

 


 性別では、男性は20歳代後半~50歳代前半、女性は20歳代の患者が多い傾向があります。

 

半年以内に性風俗サービスを利用した男性、従事した女性がそれぞれ3~4割を占めます。

 

 症状は、性器や口内の潰瘍、太ももの付け根のリンパの腫れのほか、体の一部や全身に広がる赤い発疹などです。何年もたってから心臓や血管、脳に障害が起きることもあります。  

 

発疹が出る他の病気と似た症状のため「偽装の達人」ともいわれます。プライベートケアクリニック東京院長の尾上泰彦さんは「痛みやかゆみがない人も多く、放置して感染を広げる恐れもあります」と指摘します。

 


○従来は服薬で対処


 主な治療法はペニシリン系の抗菌薬で、1日3回、4週間ほど服用します。

 

ただ、飲み忘れなど服薬を継続できない患者もいます。  

 

今年1月発売の新薬「ステルイズ」は、同じくペニシリン系の抗菌薬で、尻の上部にある筋肉に注射します。

 

感染からおよそ3か月以内ならば、1回で済みます。症状が進行した場合は週に1回計3回打ちます。  

 

発熱や頭痛、注射した部位の筋肉痛などの副作用が出る場合もあるため、注意が必要です。

 

こちらからは以上です。お読みいただき、ありがとうございました。