ラクラクブログ rakucom’s blog

サイバージャパンやギャル系ファッション、時事ネタの雑記など、みなさまの生活に役立つblogにしていきます!楽しいblogにしますので、よろしくお願いします!※なお、Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

副業が増税されることについて

サラリーマンの副業が10月から実質増税される話

 



国税庁は2022年8月1日、サラリーマン、OLの副業による収入について、10月3日以降、収入300万円以下は原則として「事業所得」と認めず「雑所得」と扱う方針を打ち出しました。

 

もし実現すれば、事業所得のメリット(青色申告に伴う特典、損益通算等)が得られなくなり、実質的な増税になることがあります。そこで、有効な対策として注目されつつあるのが、副業を法人化する「プライベートカンパニー」「マイクロ法人」です。そのメリットについてシミュレーションもまじえながら解説します。


○プライベートカンパニー設立のメリットとは


プライベートカンパニーを設立する最大のメリットは、青色申告にすることで、副業を個人事業主として行うよりも、税金を抑えられる可能性が高いことです。

 

主な理由として挙げられるのは、以下の4つです。

 

 

1.家族に所得を分散しやすい

 

2.経費にできる費用の幅が広い

 

3.赤字が出たら他の年度の利益から差し引くことができる

 

4.法人のほうが所得にかかる税率が低い

 

第一に、家族に所得を分散しやすいということです。

たとえば、配偶者を役員または従業員にして、役員報酬や給与を支払えば、会社の経費になります。

 

また、自分自身の所得として申告するよりも、親族に給与を支払ったほうが、所得税の累進税率が抑えられることになります。

 

 

第二に、経費にできる幅が広くなることです。

 

メリットがなくなったら、これからどんな時代になるのでしょうか。

 

こちらからは以上です。お読みいただき、ありがとうございました。