ラクラクブログ rakucom’s blog

雑談や時事ネタの他、家作りや生活保護・ベーシックインカムの話が多めです。ブログを通じて、皆様の生活が少しでも豊かなものになる事を願っています。

マイナポイント第2弾の話

まず基本的な点として、既にマイナンバーカードは持っているが、今回「健康保険証の申し込み」や「公金受取口座の登録」だけでポイントをもらえるのか。 総務省のマイナポイントサイトには、こう書かれている。「施策1のマイナポイント申込は必須のため、施…

BEST家電の話

今週のお題「マイベスト家電」 私のベスト家電は、ロボット掃除機です。 有名なのでRoombaを愛用していますが、生活が劇的に変化しました。とにかく掃除が楽です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); それから食洗機。一度手に入れたら、…

財務省による国民負担率について

財務省によると、「令和4年度の国民負担率は、46.5%となる見通しです」と公表されています。国民負担率とは、国民の所得に対する税金や社会保険料などの支出の割合のこと。この比率が年々上昇しているのです。「将来どこまで上がるのか」「なぜ上がっている…

児童手当の所得要件見直しについて

児童手当が見直され、これまで支給されていた特例給付が、一部の世帯で対象外になると決定しました。 世帯主の年収が1200万円程度以上あると、特例給付が廃止されます。 子どもの学費にあてる世帯が多い傾向にある児童手当。年収1200万円以上というと、学費…

サイバージャパンダンサーズの話

サイバージャパンダンサーズの人気が最近高まってきています。 女性集団のプロの方だと思っている人も多いと思いますが、アマチュアのダンサーなのです。 メンバーの職業はファッション雑誌のモデル、シンガー、会社員、フリーターなど、 ただ「踊るのが大好…

住民税が課税される仕組み等について

住民税は前年の年収によって決まります。 住民税の課税額は、前年の年収が基準になります。ここでは、住民税の仕組みとして所得割と均等割の課税額、具体的な計算方法、住民税が課される年収の基準や非課税限度額について説明します。 (adsbygoogle = window…

子育て給付金の上乗せ給付について

低所得の子育て世帯の子ども1人あたり5万円を配る「子育て世帯生活支援特別給付金」ですが、独自に上乗せ給付も行っている自治体もあります。 今回は各自治体の上乗せ給付の事例をご紹介します。 岩手県 「いわて子育て世帯臨時特別支援金給付」として、中学…

エネファームとエコジョーズの特徴

今週のお題「マイベスト家電」 ○エネファームの特徴エネファームは、空気中の酸素とプロパンガスや都市ガスから取り出した水素を反応させて発電するものです。 発電するときの熱を使ってお湯を沸かします。家庭用燃料電池コージェネレーションシステムが、正…

エアコンの設定温度28度について

各地で猛暑が続き、熱中症で病院に搬送される人が激増しています。熱中症対策に最も有力なのがエアコンですが、「エアコンの設定温度は28℃に」というキャッチコピーをよく聞きます。でも28度に設定していてもエアコンのパワーや部屋の広さ、部屋にいる人数な…

生前贈与などの話

生前贈与とは 税制上の仕組みとメリット・デメリット相続財産に含まれるもの含まれないもの生前贈与とは、遺産として譲る予定の財産を、まだ生きているうちに親族らにあげる行為を言います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 孫の成長を…

住宅ローン、フラット35の話

住宅金融支援機構は7月1日、長期固定金利の住宅ローン「フラット35」(買い取り型)の7月の適用金利を発表した。 返済期間21年以上35年以下(融資率最大9割)の場合、年1.51~2.77%(前月1.49~2.54%)で、最低金利は6カ月連続の上昇。返済期間20年以…

大手銀行の住宅ローン固定金利上昇

三菱UFJ銀行など大手銀5行は30日、7月の住宅ローン金利を発表しました。 長期金利の上昇基調を踏まえ、5行が代表的な固定期間10年の基準金利を引き上げた。 上げ幅は三菱UFJ銀、三井住友銀行、りそな銀行が0.05%、みずほ銀行が0.15%、三井住友信託銀行が…

住宅ローン金利上昇対策

⭐️金利上昇に備えて、今からできること金利の上昇を確実に予想できる人はいませんし、金利を自由自在にコントロールすることも不可能です。だから、住宅ローンを返済している人は金利への不安抱えていると思いますでも、金利が上昇してローン返済が増えるか…

住宅ローン金利上昇について

○金利上昇に備えて、今からできること金利の上昇を確実に予想できる人はいませんし、金利を自由自在にコントロールすることも不可能です。だから、住宅ローンを返済している人は金利への不安抱えています。でも、金利が上昇してローン返済が増えるかも知れな…

住民税の支払義務の話

○収入を得ると住民税・所得税を支払う義務が生じる 個人が何らかの形で稼ぎを得ると、通常、国に対しては所得税を支払い、地方自治体に対しては住民税を支払う義務が生じます。 ただし、収入がなくても住民税がかかる人がいます。収入がない中、住民税を払う…

児童手当の手続き変更について

毎年6月1日の状況を把握し、児童手当を引き続き受給する資格があるかどうか審査があります。 養育する児童がいるか、所得制限区分に変更がないか、生計同一かなどを確認するため、毎年6月1日から6月30日までの間に現況届を市区町村へ提出する必要がありまし…

お金と貯蓄の話

これからの時代を生き抜くには超低金利の銀行預金に「貯金=お金を置いているだけ」から脱却して、「お金に働いてもらう=資産運用」を取り入れる必要があります。1000万を貯めるだけでも大変なのに、2000万円も3000万円も貯めれるわけがない。 (adsbygoogle…

住宅ローンの話

欧米の利上げをきっかけに金利の動向への関心が高まっている。 特に変動型の金利で住宅ローンを組んでいる人は、将来の返済負担が気になるところだろう。 金利上昇の影響を抑える手段の一つが、残高の一部を繰り上げ返済すること。 国土交通省の住宅市場動向…

Suicaの話

JR東日本は、JRE POINTからSuicaへのチャージ受付を、6月24日から一時的に停止したと発表した。 利用者から、「身に覚えのない、ポイントからのSuicaチャージ申請を通知するメールが届いた」との申告がコールセンターに複数寄せられたためだといい、受付再開…

所得控除と税額控除の話

「所得控除(寄附金控除)」と「税額控除(寄附金特別控除)」のどちらかを選べる場合、どちらを選択するのが有利になるのでしょうか。 判断する方法としては、所得税率に着目します。所得税率が40%未満の方の場合は「税額控除(寄附金特別控除)」のほうが…

子育ての話

自分で勉強できる子には「読書力」が身についています。 活字に対する抵抗感が少なく、自主的な意欲で教科書や問題集に向き合うことができ、書かれている内容を読み解く力が育っています。 だから人の助けを借りることなく、自学自習で学力を積み上げていく…

生活保護制度とベーシックインカムについて

生活保護制度とベーシックインカムの最大の違いは、生活保護は決められた一定の最低基準の支給額で基本的には生活することを求められるのに対して、ベーシックインカムは、現在の生活を維持しつつ、プラスアルファで、最低限の収入が得られる点です。私はベ…

医療費控除など、所得控除で節税対策の話

○寄付金控除国や地方公共団体、特定公益増進法人に対して、一定の寄付をした場合に控除されます。自治体に寄付をする「ふるさと納税」は寄付金控除の対象です。次のうちいずれか低い金額から2000円を差し引いた金額が、控除される金額となります。 (adsbygoo…

歯の話

一般的に、「歯が欠ける」原因や理由として多いのはどういうものなのでしょうか。 「歯の表面は骨よりも硬い『エナメル質』に覆われており、その硬度は宝石のオパールよりも強く、通常は歯が欠けることはありません。しかし、歯に許容範囲を超える強い力が働…

エアコンの節電について

熱中症予防のため、気象庁や環境省が昼夜を問わずエアコンを使用するよう呼びかけているが、気になるのは電気代。そこに助け舟を出したのが家電メーカーのシャープだ。 6月25日のツイートで、エアコンの電気代を下げる方法を紹介している。 (adsbygoogle = w…

FIRE、早期退職、リタイア時の資産について

リタイア時の総資産については、「2,000万円未満」が最も多く42.2%。次いで「2,000万円~2,999万円」(14.6%)、「5,000万円~5,999万円」(13.1%)と続き、「5,000万円以上」の資産があったという人は26.0%と、潤沢な資産を持つ人は上位を占めておらず、平均的…

一握りの富裕層になるためには

お金がしっかり貯まるという人は、裏を返せば、「自分が何をしたいのか、そのためにはいくらの準備が必要なのか」という目標があるということに他なりません。この考え方は、資産運用において「ゴール・ベース・アプローチ」という言葉があるように、むやみ…

節電の効果的な方法

節電や電気代節約というとまず「使っていない家電のプラグをコンセントから抜く」いわゆる「待機電力カット」を思いつきがちですが、果たしてこれは本当に効果があるのでしょうか。 私たちにできる賢い節電、電気代節約のために何を優先して対応すべきかにつ…

マイナポイントのSuica特典について

JR東日本は6月30日から、総務省が「マイナポイント第2弾」として実施する「健康保険証としての利用申込み」または「公金受取口座の登録」を新たに行った人を対象に、抽選で毎月1000名に1万ポイント分のJRE POINTが当たる特典を、現在実施中の「マイナポイン…

社会保険、標準報酬月額等について

社会保険は強制加入ではありますが、誰もが全ての社会保険料を支払わなければならないわけではありません。 社会保険の種類に応じて支払いが発生する条件が設定されています。 ・年金年金には国民年金と厚生年金の2種類があり、厚生年金は雇用されている人(…