ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ラクラクブログ rakucom’s blog

サイバージャパンや大人ギャル系ファッション、時事ネタの雑記など、みなさんの生活に役立つ情報をblogにしていきます!楽しいblogにしますので、よろしくお願いします!※なお、Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

アパレル業界では80%オフなどのセールが多い理由

アパレル業界では、発売後1か月で値下げするケースもあります。

 


○アパレル企業が洋服のセールを実施する時期やセール時の値引き率について

 

 

「最大80%off」と宣伝している店舗をよく見掛けることがあります。

 

専門家によると、

「ブランドによって違いますが多くの場合、春夏向けの商品は7月から、秋冬向けの商品は翌年1月からそれぞれセールが始まります。

 

ただ、売れ行きの悪い商品の在庫をなるべく余らせないために、近年は早めに値下げをする傾向にあり、年々セールの開始時期が早くなっています。

 

企業やブランドによりますが、セール期間中は定価の30〜50%引きで販売するケースが多いようです。

 

近年、ECサイト等で安く服を購入することができるようになったため、

『定価の10〜30%引き』ではなかなか顧客に響きにくくなっているかもしれません。

 

『80%引き』の場合は、原価割れしているため、恐らくシーズンを過ぎた商品だと思います」

 

 

 

○売れ行きの悪い商品を早めに値下げする傾向にあり、やはりアパレル業界ではセールが頻繁に行われている?

 

 

「セールを頻繁に実施する傾向にあります。

 

できるだけ定価で販売するよう挑戦していますが、実際はなかなか難しい状況です。

 

頻繁にセールを実施する理由は、多くのアパレルメーカーやアパレル小売店が過剰在庫に頭を抱えているからです。

 

実際に販売をしてみないと、何が売れて何が売れないのかが分からないのが難しいところです。

 

そこで、店頭で売れ行きのよくない商品を売り切るために、早めに値下げをするようです。

 

さらに多くの企業が過剰在庫分を販売するために、アウトレット専用サイト(シーズンが過ぎた商品などを安く販売するサイト)を開設するケースが近年増えています。

 

できる限り在庫を残さないため早めにセールを仕掛け、それでも余ったら、アウトレットサイトやファミリーセール(自社の従業員やその家族、取引先の関係者に商品を安く販売すること)で販売しますが、全生産数の数%は最後まで売れ残ってしまうのが現状のようです。

 

アパレルに限らず、コンビニエンスストアのフードロス、アーティストのファングッズの売れ残りなど、どの業界も同じような状況を抱えていると思います」とのこです。

 

こちらからは以上です。お読みいただき、ありがとうございました。