ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ラクラクブログ rakucom’s blog

サイバージャパンや大人ギャル系ファッション、時事ネタの雑記など、みなさんの生活に役立つ情報をblogにしていきます!楽しいblogにしますので、よろしくお願いします!※なお、Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

住宅ローンの変動金利と固定金利(フラット35など)

変動金利型では年0.2%台の金融機関もあります。

 


 それはauじぶん銀行だ。

 

6月から金利引き下げキャンペーンを展開し、auの携帯電話契約などの条件を満たせば最低で0.2%台の変動金利を提示。

 

 

新生銀行もキャンペーン金利で0.45%から0.35%に下げた。

 

住信SBIネット銀行やPayPay銀行などネット銀行を中心に、競争に拍車がかかっている。

 

 

 「採算ぎりぎりの金利水準だが、契約件数を増やせば金利収入の落ち込みはカバーできるし、(金利とは別に借り手から徴収する)融資手数料も増える」。

 

あるネット銀行の担当者はこう本音を明かす。

 

 

 住宅ローン利用者の約9割が変動金利型を選択するというデータもあるほど、圧倒的に変動型に対するニーズは根強い。それもそのはず、モゲチェックの試算によれば、11月中に3500万円を固定金利1.54%と変動金利0.44%で借りた場合(借入期間は35年)、毎月の返済額はそれぞれ10万7852円と8万9961円。1万7000円以上の差が発生する。

 

 

足元の返済額だけを見れば、変動金利型を選ばない方がおかしいと言ってよいだろう。

 

 

 変動型ローンに対する根強いニーズは、固定型ローンの金利にも影響を及ぼし始めている。

 

独立行政法人住宅金融支援機構が、長期固定金利型住宅ローン「フラット35」の10月の貸出金利(最低金利)を1.48%と、前月より0.04%下げたのだ。

 

調達金利が上昇していたにもかかわらず、下がっています。

 

こちらからは以上です。お読みいただき、ありがとうございました😊