ラクラクブログ rakucom’s blog

サイバージャパンやギャル系ファッション、時事ネタの雑記など、みなさまの生活に役立つblogにしていきます!楽しいblogにしますので、よろしくお願いします!※なお、Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

日本の住宅の平均的な広さの話

日本の住宅の平均的な広さは32.91畳だそうです。

「持ち家」か「賃貸」か。たびたび話題になっては、決定的な答えが出ないこの問題。

結局は価値観、ということになりますが、「同じ条件であれば広い家がいい」というのは多くの人が納得するところでしょう。

総務省『平成30年住宅・土地統計調査』によると、日本にある5,361万6300戸の居住室*の平均畳数**は32.91畳。53平米ほどです。



*居間、茶の間、寝室、客間、書斎、応接間、仏間、食事室など居住用の部屋。

玄関、台所(炊事場)、便所、浴室、廊下、農家の土間などや、店、事務室、旅館の客室など営業用の部屋は含まれない。

**居室等の広さを畳数で表示する場合、畳1枚あたりの広さは1.62m2 。

都道府県別にみていくと、最も家が広いのは「富山県」。

1住宅あたりの居住室の畳数は46.05畳。

全国平均の1.3倍です。

秋田県」「福井県」「山形県」「岐阜県」と続きます。



一方で最も家が狭いのは「東京都」で24.89畳。

全国平均の0.75倍程度です。

沖縄県」「大阪府」「神奈川県」「鹿児島県」と続きます。

居住スペースは、日本海側の地域で広く、また大都市圏を中心に狭い傾向にあります。

都市圏では地価が高く、なかなか広い家は実現できない事情もあるのでしょう。

都道府県「1住宅あたり居住室の畳数」

1位「富山県」46.05畳

2位「秋田県」44.35畳

3位「福井県」43.13畳

4位「山形県」43.07畳

5位「岐阜県」42.14畳

富山県は広いですね!

うらやましい!