ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ラクラクブログ rakucom’s blog

サイバージャパンや大人ギャル系ファッション、時事ネタの雑記など、みなさんの生活に役立つ情報をblogにしていきます!楽しいblogにしますので、よろしくお願いします!※なお、Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

住宅ローン控除のメリット

住宅ローンを利用する場合、住宅借入金等特別控除が利用できます。

住宅借入金等特別控除は、「住宅ローン控除」ともいいます。

住宅ローンを利用して住宅を購入した方は、年末の住宅ローンの残高に応じて、所得税の控除を受けられるというものです。



住宅ローン控除を受けるためには一定の要件があります。

しかし、その要件は多くの方が満たせるようなものです。

住宅ローンを利用して住宅を購入した場合、多くの方が住宅ローン控除を受けることができるといえます。

住宅ローン控除は、居住の用に住み始めた年から10年間(令和3年1月1日から令和4年12月31日までに居住の用に供した場合は13年間)、受けることができます。控除の額は、以下のとおりです。

●1年目から10年目:住宅ローンの年末残高の1%(上限は40万円または50万円)

●11年目から13年目:次の(1)(2)のうち少ない方の額



(1)年末残高(上限4000万円または5000万円)×1%

(2)(住宅取得等対価の額-消費税額)(上限4000万円または5000万円)×2%÷3

住宅ローン控除は「税額控除」です。

「所得控除」とは異なり、算出した金額を、所得税額から差し引きます。

例えば、1年目の住宅ローンの年末残高が3600万円の場合、36万円の税額控除を受けることができます。

仮に、所得税額が60万円の場合、36万円の税額控除を受けられるということは、所得税額が24万円になるということです。

住宅ローン控除は、このような税額控除が10年ないし13年にわたって受けることができます。

このため、税制優遇措置としての効果が大きいと思います。



こちらからは以上です。お読みいただき、ありがとうございました😊