ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ラクラクブログ rakucom’s blog

サイバージャパンや大人ギャル系ファッション、時事ネタの雑記など、みなさんの生活に役立つ情報をblogにしていきます!楽しいblogにしますので、よろしくお願いします!※なお、Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

年金繰り下げ受給で、税務署の延滞税の話

年金の受給開始時期を遅らせる場合、「さかのぼって一括で受け取る」という選択肢もある。

以前までその一括受給も選択肢の一つと考えていたが、このたび考えを変えた。

一括受給をしたことで税務署から延滞税の支払いを求められる人がいるのだ。



しかも、それを不服として裁判を起こし、敗訴していた。

いったい何が起きたのか。

年金を一括受給して延滞税を求められることが増えています。


数年前まではこのようなことはなかった。

「年金の繰り下げ受給」は今、それだけ多くの60代に関心事になってきているのだろう。

本来、65歳から受け取る年金の受給を遅らせると、年金額は1カ月ごとに0.7%増える。



受給開始を5年繰り下げて70歳とすると、65歳時点での年金額の1.42倍、10年繰り下げて75歳にすると1.84倍となる。

あまり大きな話題になっていないが、65歳以降に受け取らなかった年金を繰り下げ受給する他に、「さかのぼって一括で受け取る」という選択肢もある。

「原則通り65歳から受け取る」「70歳まで繰り下げて年金額を増やす」「70歳で5年分一括受給する」の3パターンのうち、どれが自分に合っているのか迷っている方が多い。

「一括受給すると、過去にさかのぼって所得税が発生し、場合によっては、延滞税がかかると聞いた」と言う方が多い。

 それは、「札幌地方裁判所、修正申告に伴う延滞税課税処分取消請求事件」という2015年の裁判の結果である。

年金を一括請求したことで延滞税の納付を求められた人が、国(札幌西税務署長)を相手取って、延滞税取り消しを求める裁判を起こした。

判決は、原告の請求を棄却。

つまり、延滞税は納付の義務があるということです。



こちらからは以上です。お読みいただき、ありがとうございました。