ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ラクラクブログ rakucom’s blog

サイバージャパンや大人ギャル系ファッション、時事ネタの雑記など、みなさんの生活に役立つ情報をblogにしていきます!楽しいblogにしますので、よろしくお願いします!※なお、Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

👵将来もらえる年金などの話

2023年 最新の年金支給日と平均支給額等の話

71歳、年金月5万円、あるもので工夫する楽しい節約生活 作者:紫苑 大和書房 Amazon ○2023年「年金支給日」の一覧 基本的に、国民年金と厚生年金の支払月は偶数月の15日です。前月までの2ヶ月分が、15日に支払われるイメージです。もし15日が土日祝日の場合、…

国民年金の平均受給額の話~みなさん、どのくらい年金をもらっていますか?~

○国民年金の受給額は月額平均について 国民年金の受給額がどの程度なのか、厚生労働省のデータを元にすると、 国民年金の平均年金月額 全体:5万6252円 男子:5万9040円 女子:5万4112円 と、なりました。 国民年金の受給額をさらに細かく調べてみると、 1万…

年金の繰下げ申出みなし制度の詳細について

年金の繰下げ申出みなし制度は、2022年に導入された年金の繰下げ受給年齢の拡大に大きく影響しています。 2020年の制度改正では、繰下げ受給年齢がそれまでの70歳から75歳に拡大されました。 これにより、75歳から年金を受け取る場合は、84%の増額率で受け…

国民年金と厚生年金の平均受給額の話

70歳以上の国民年金と厚生年金の受給額について ○ 国民年金の平均受給額(月額)70歳:5万7234円71歳:5万7153円72歳:5万7066円73歳:5万6874円74歳:5万6675円75歳:5万6235円76歳:5万6204円77歳:5万5881円78歳:5万5651円79歳:5万5525円 厚生年金の平…

厚生年金の受給額の仕組みと、最高受給額について

厚生年金の受給額は3つの要素によって構成されています。 「報酬比例年金額」 「経過的加算」 「加給年金額」 の合計額です。 このうち、受給額の大部分を占める「報酬比例年金額」は、厚生年金加入期間に納めた保険料で決められます。 納付する保険料は、毎…

将来、年金はどれくらいもらえるの?~一般的な月額受給額について~

年金受給額の一般的な金額は夫婦は月額220,496円 物価高の天井が見えず、日に日に生活が苦しくなっていく現在。 物価高以上に給与が上がればなんの問題はないのですが、今のところ、そのような流れは一部に留まり、しばらくは辛抱しなければならないようです…

特別支給の厚生年金、お得な年金の受給方法等について

今回は、主に50代後半の妻だけに、今からでもチャンスがある、65歳以前にもらえる「特別支給の厚生年金」の話です。 ○「特別支給の厚生年金」は請求しないともらえません。 全世代において将来の給付が削られ、保険料負担を増やされるのが、岸田首相の進める…

後期高齢者保険料14万円引き上げる方針の詳細

75歳以上の人が加入する後期高齢者医療制度の保険料について、厚生労働省は上限額を年間66万円から80万円に引き上げる方針を示しました。 現役世代の負担を抑えるとともに、出産育児一時金を増額するための財源に充てることにしています。 約1890万人の75歳…

国民年金の平均月額について(厚生年金は含みません)

○国民年金の平均月額の話です。 厚生労働省年金局が公表しているデータを参考に、国民年金の受給額について、月額の平均と受給者数を確認します。 ○国民年金の平均月額(受給者数3328万1594人) 〈全体〉平均年金月額:5万6252円 〈男性〉平均年金月額:5万9…

5万円受給を維持するための年金の将来

国民年金の5万円台を維持するために、厚労省は厚生年金で穴埋めを検討しているとのことです。 厚生労働省は全ての国民が加入する基礎年金(国民年金)の給付抑制を予定より早く止める検討に入る。 「マクロ経済スライド」と呼ぶ抑制策を前倒しで終え、支給を…

遺族基礎年金、遺族厚生年金の話

遺族年金とは、国民年金や厚生年金に加入している人(または加入していた人)が亡くなったとき、遺族に対して支給される公的年金です。遺族年金には、遺族基礎年金(国民年金)と遺族厚生年金があります。それぞれ、亡くなった人が加入していた年金の種類、…

社会保険料納付など、将来へ向けたお金の話

所得税、住民税ともに税を通じて公共サービス、公共施設の利用ができるため、税金は人が社会の中で生活する「社会参加のための会費」と考えられますね。 そして社会保険料は「保険給付を受けるために」納めているため、病気や怪我になった時でも一定は安心で…

厚生労働省による年金シュミレーター

年金の見込み受給額は、日本年金機構が運用している「ねんきんネット」でも試算可能だが、利用登録が必要で、本人確認のための手続きがある。 だが、この「公的年金シミュレーター」では、IDやパスワードは必要なく、入力した生年月日や年収などの個人情報は…

国民年金と厚生年金の話

年金は国民年金と厚生年金があります。 公的年金には2種類あり、すべての人が加入を義務づけられています。その人の働き方によって、加入する年金制度が決まっています。 ○国民年金国民年金は日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人が加入するもので、…

厚生年金44年特例の話

長期加入者の44年特例が受けられる人はどのような条件を満たす必要があるのでしょうか。 基本的に、以下の3つの条件に当てはまると受給できます。○厚生年金に44年以上被保険者としての期間がある○厚生年金の被保険者資格がない○報酬比例部分の受給ができる年…

国民年金保険料の話

老齢基礎年金は、保険料納付済期間、保険料免除期間、合算対象期間を合算した受給資格期間が10年以上ある場合に、原則65歳から受給することができます。受給開始時期は原則65歳からですが、60歳から65歳までの間に繰上げて減額された年金を受給することや、6…

年金受給額の話

2022年度の年金額は前年度より0.4%少なくなるそうです。 3種類の公的年金のうち、原則として65歳から支給される老齢年金については、次のようなルールで年金額を改定するのです。 【67歳以下の新規裁定者(賃金の変動率)】 過去3年度における賃金の変動率…

将来受け取れる月額年金収入の話

今回は年金を20万円受け取れる年収の話です。 年金試算シミュレーションで、年金を月額20万円以上受け取れる年収を見ていきます。なお、今回のシミュレーションでは、年収以外の条件は統一しています。 ○条件35歳男性就業開始年齢:20歳 就業終了年齢:60歳 …

将来の年金の給付水準

15~64歳人口を現役世代、65歳以上人口を年金受給世代として、1人の受給世代を何人の現役世代で支えなければならないのかを計算する。ちなみに、2020年は2.05人の現役世代で1人の受給世代を支えている。それが2050年には1.32人の現役世代で1人の受給世代を支…

特別支給の老齢厚生年金の話

今回は特別支給の厚生年金の話です。 1986年に年金制度が改正されて、これまで60歳からだった老齢厚生年金の支給が65歳へと変更されました。しかし、それでは会社を60歳で定年して、65歳で年金をもらえるまでの期間収入がなく困ってしまう人もいることから、…

公的年金の繰り上げ、繰り下げ受給方法

公的年金には国民年金と厚生年金があります。年金は終身年金であり、人生100年時代ともいわれる今、老後の生活を送るうえで貴重な収入源です。 その大切な年金の受給で失敗しないよう、年金の繰り上げ受給などについて説明します。 (adsbygoogle = window.ad…

年金の繰り下げ受給の話

年金を繰り下げするともらえない年金がある? 主に50代の方からの相談が多いそうです。 最近では「夫婦の年金受け取り額を最大化するにはどうしたら良いのか」といった相談が増えています。 週刊誌などで「年金を繰り下げた方がいい」「加給年金はもらってお…

年金支給開始年齢が70歳になったときの話

年金の支給開始年齢が70歳になった場合は無収入になる5年間、どうしたらいいのでしょうか。 年金の支給開始年齢が上がってきていますが、現在勤務している会社の定年は65歳です。 年金の支給が70歳になった場合は、5年間無収入になりますが、この期間、どの…

年金を繰り下げ受給するときの注意点

年金を繰り下げするともらえない年金があることをご存知でしょうか。年金事務所では、最近では「夫婦の年金受け取り額を最大化するにはどうしたら良いのか」といった相談が増えているそうです。 週刊誌などで「年金を繰り下げた方がいい」「加給年金はもらっ…

年金受給者の確定申告について

老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に、専門家が回答し…

年金制度改正の話

年金制度が改正され65歳以上の労働者の方の年金が増えることをご存知だろうか。 今回、ある調査会社が日本全国の10~70代の男女を対象に一般調査を行った結果、「年金制度が改正され65歳以上の労働者の方の年金が増える事を知っていましたか」に対し、「知っ…

年金の繰り上げ受給

今回は老齢年金の繰り上げ受給の話です。 老齢年金の減額率は、老齢基礎年金、老齢厚生年金ともに以下の計算式で表すことができます。 減額率 = 0.5% × 繰上げ請求月から受給開始年齢の前月までの月数 すなわち、64歳11か月から老齢年金を受給する方はの減…

年金の確定申告の話

年金の確定申告の必要性の話です。 年が変わりましたが、新しい年になると年金受給者の人には送付されてくるものがあります。それは源泉徴収票です。源泉徴収票は前年に支払った年金額や天引きされた所得税、社会保険料などが記載されています。これをもって確定…

年金の繰下げ受給の効果

老齢厚生年金と老齢基礎年金の年金を増やすために、しばらくは受給せずに年金を繰り下げすると… 繰下げは1ヶ月遅らせるごとに0.7%ずつ増えますが、最低でも66歳に到達するまでは待たないといけない。たとえば66歳になる前の65歳8ヶ月とか中途半端な時に繰下げ…

遺族厚生年金、国民年金の繰上げ受給や併給調整などの話

国民年金から支給される老齢基礎年金、厚生年金保険から支給される老齢厚生年金などの、老齢年金の受給を開始できるのは、原則として65歳になります。ただ、繰上げ受給の制度を利用すると、これらの受給開始を最大で60歳まで早められます。この繰上げ受給を…